純米一合冷やで

酒がうまい

大人の秘密基地ごっこ

f:id:kusahiki:20200425181658j:image

さて、前の記事がまるで自己擁護みたいになってしまうので少し恥ずかしいけれど、マジで暇で暇で暇すぎなので、人が全然いない山奥のキャンプ場でツェルトを張る練習をしてきました。

恥ずかしながら今まではツェルトがわりにエマージェンシーシートを携行しており、ツェルトを買うタイミングをずっと逃していた。たまたま年の初めに飯豊を大縦走しようという話があって、ようやく買うことを決意。結局縦走の話はコロナウイルスのせいで立ち消えたのだけど、、(飯豊の小屋も今年の運営方法は検討中とのこと)。買ったのはアライテントのスーパーライト・ツェルト1。軽さと大きさのバランスが良い定番ツェルト。

 

続きを読む

登山の自粛

新型コロナウイルスの蔓延でなかなか自由に外出できないこの頃。はじめは、野外だし問題なさそう、というゆるい雰囲気だった山岳界もこの2-3週間で山小屋閉鎖、テン場も閉鎖、山梨・長野が登山道閉鎖にまで至り、インターネット上では「全登山自粛」の雰囲気がだいぶ強くなった。まあ、それこそこんな時に遭難したら不要不急もいいところなわけで(カナダでは要救助者と救助隊との間でクラスターが発生し、国立公園が閉鎖された事例がある→https://3pomichi.com/3533)。

そういう状況下ではあるけれども、一方で登山のやり方にはいろいろある。公共交通機関とマイカー、小屋泊と日帰り、里山と高山では感染リスクや救助・医療資源の消費リスクが全然違う。このあたりはYAMAPの「登山の分類とリスク」の表がとても明快(https://note.yamap.com/n/n5e5293998590)。

登山は正直なところ、ほかのお金を使うような活動とは違ってあんまり経済的なメリットがない。特に近隣の温泉や飲食店に立ち寄るのがご法度となった今はなおさら。なので不要不急だと指をさされるのも分からんではないけど、ほかの運動と同じで、心と体の健康維持の一手段として、低リスクな登山(セルフレスキュー可能な範囲で、接触のないハイキング)は続けても良いと思うし、鬼の首を取ったように猛批判する必要はないのではないかなと。

 

関係ないけど、このところ「コロナ警察」とでも呼びたくなるような人たちが目につくようになった。つまりはSNSで感染リスクが高そうな行動を見つけたら頭ごなしに批判する人たちなのだけれど、どうにもウイルスに関する正しい知識、個々人の事情、経済や健康とのバランスという観点がすっぽり抜けているような感じがある。このように他人を安易に攻撃するような雰囲気が広まると、世代間、正規非正規間、業種間、都市・地方間、人種間、思いつく限りのいろいろな社会的対立が深まってしまうような気がする。受け取った情報を自分で整理し、心の余裕を持って過度に干渉せず、できる範囲のことに集中したい。

 

日本赤十字の動画はこのことをわかりやすく啓発している。


【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

コーヒーラム

f:id:kusahiki:20200328000032j:image

知り合いの小屋番さんに教えてもらったコーヒーラムを作ってみた。

作り方は、中身をちょっと減らしておいたダークラムの瓶にコーヒー豆と砂糖を入れて放置するだけ。私はマイヤーズの瓶にコーヒー豆100gぐらい入れた。定期的に味見して、味がしっかり出てきた3週間目くらいで豆を引き上げる。あまり漬けすぎると渋みが出るらしい。

ラムの風味はしっかり残ってるので、カルーアとはまたちょっと違った味わい。水割りでもロックでも、豆乳と割っても美味しい(豆乳は混ぜるとなぜかとろみがつく…なぜ…)。変わり種としてテントに持って行っても面白そう。

島根で食べたもののメモ

出張で島根に行っていた。食べたもののをメモっておく。

 

f:id:kusahiki:20200325000509j:image

大田市、ラックラックのグリーンカレー。最近まろやかなグリーンカレーにあたることが多い中、これはマジで辛かった。水3回ぐらいお代わりした。

 

f:id:kusahiki:20200325000600j:image

道の駅ロード銀山の名物御膳。箱寿司、三瓶そば、沖イワシ(標準和名ニギス)の唐揚げとコロッケ、天ぷらまんじゅう。ニギスは仕事柄いろんな食べ方をしているけどコロッケは初。ふわふわ軽い食感でとても美味しかった。天ぷらまんじゅうは以下の記事に書かれている由来が興味深い。

https://www.city.ohda.lg.jp/ohda_city/city_organization/23/594/4803/10485/10487

 

f:id:kusahiki:20200325000918j:image

寿司。が、残念ながらこの日は漁がなかったので地物はほぼゼロ。

 

f:id:kusahiki:20200325000958j:image

空港で出雲そば。皮ごと練り込むから色が濃いらしい。喉越しがいい。

 

このほか、多古鼻わかめ(板わかめ)と清酒石見銀山など。満足した!

渓流 しぼりたて生原酒

f:id:kusahiki:20200315224840j:image

先日長野に行った際に蔵元の遠藤酒造場に寄って購入した。ここの酒蔵、初めて行ったのだけど、ほとんど全ての銘柄が無料で試飲可能で驚いた。冷蔵庫に酒瓶がずらり、横には試飲用の小さなプラカップが山積み、パネルには「ご自由に試飲してください」と気前のいい文言。この日はたまたま運転手ではなかったこともあって、ありがたく試飲して選ばせていただいた。

で、いくつか試飲した中でうまい!!と思って選んだのがしぼりたて生原酒。試飲させてもらったのはどれも美味しかったけど、季節柄、生原酒が飲みたい気待ちもあったのが決め手だった。

冷やなので香りはあんまり立たないけれど、飲み口は柔らかでじんわりと旨味と甘味が口いっぱい広がる。余韻もたっぷり残って一口で楽しい。味の濃いものと合いそうかな?酸味、アルコール感などのひっかかりが少ないので、度数20度なのにお猪口の中身をスイスイ飲み干してしまう。

今日の肴はごぼうと豚肉の甘辛煮。余ってた舞茸も少し投入した。本当は明日のお弁当のおかずやけど、ちょっと味見ってことで。

f:id:kusahiki:20200315230022j:image

見える化

なんだか最近自分の業界でも「見える化」という言葉を見聞きすることが多くなってきた。

この言葉、出始めたころは20代の私でさえすごく気持ち悪い言葉だなという印象だった。英語のvisualizationの和訳なら、可視化という言葉が既にあるし、それでいいんじゃないかと。なんで動詞をとってつける必要があるのかと不思議だった。

ところが最近気になって改めて用例を調べてみると、どうも単なるvisualizationの和訳以上のニュアンスを含んでいるらしいことを知った。それはすなわち「見えないものをあえて見えるようにする」ことをこの言葉は暗に指し示しているらしい。実際の使用例では、たしかに「仕事の無駄を見える化する」とか、「属人化した作業フローを見える化する」とかいった用例が多く、つまり「見える」化というよりも「見えちゃう」化というのが実際的な意味のようだ。ああ、よーやくわかった。

まだなんとなく自分で使うにはむず痒さはあるけれど、意図が分かれば無駄な言葉狩りをしなくて済む。