純米一合冷やで

酒がうまい

読書

新田次郎「孤高の人」

新田次郎「孤高の人」をいまさらながら読んだ。パーティ登山が一般的だった20世紀初頭に数々の単独登山記録を打ち立てた社会人登山家・加藤文太郎を題材にした小説だ。山岳小説には今まで触れてこなかったのだが、山岳会に入って登山家と言われる人たちの考…