純米一合冷やで

酒がうまい

ルート旗

f:id:kusahiki:20200117233251j:image

自分用のルート旗(山岳会によってはデポ旗とも呼ぶようだ)を作った。雪山で帰りのルートを見失わないように歩きながら雪面に刺して使う。

 

f:id:kusahiki:20200117233242j:image

細竹は相方の山で採ってきてもらい、2週間ほど乾燥させた。乾燥させるとだいぶ軽くなった。布は手芸屋で2メートル買ったら1000円もした。意外と高いし、そもそもそんなに要らなかった。

 

とある残雪の山で、今の山岳会に誘われた時、その人はルート旗をザックのサイドポケットに沢山挿していた。恥ずかしい話だけれど当時はそれが何か分からなかったので、面と向かって「それは何に使うのですか?」と尋ねたりもした。もしあの時、帰りにガスが出ていたら、平面的な頂部をいくつも備える山だったから、何も持っていなかった私はきっと下山に難儀しただろうなと思う。単独行ばかりやっていて知識がなかったどころか、その程度の生半可な認識で登っていたことが今となっては甘かったなと思う。