純米一合冷やで

酒がうまい

後知恵バイアス

谷川岳天神平で中学生が一時行方不明、翌日無事発見された件。

 

群馬県みなかみ町のスキー場で11日、スノーボードをしに訪れ、行方が分からなくなっていた千葉県の中学3年の男子生徒は、12日昼過ぎ、スキー場の近くの山中で見つかり、警察に保護されました。けがはないということです。
行方が分からなくなっていたのは、千葉県浦安市に住む中学3年の15歳の男子生徒で、警察によりますと、生徒は11日、群馬県みなかみ町谷川岳天神平スキー場に父親と一緒にスノーボードをしに訪れていましたが、午前11時ごろ姿が見えなくなったということです。

警察は11日に続いて、12日朝からヘリコプターや山岳警備隊を出してスキー場の周辺を捜索していましたが、スキー場とは反対側の山の斜面で、一般の人がスノーボードが落ちているのに気付き、そこから足跡をたどって12日午後1時ごろ、生徒を見つけたということです。

生徒は山岳警備隊に保護され下山したあと、近くの病院に搬送されましたが、けがはなく、健康状態も問題ないということです。

警察やスキー場によりますと、親子が滑っていたのはスキー場のコースの外の整備されていない場所で、客の立ち入りが禁止されているということです。警察は、生徒が遭難したいきさつなどを調べています。(NHKニュースより)

 

本件、日本雪崩ネットワークが警備隊と本人に取材した記事がアップされている。経緯には色々問題があったにせよ、本人が雪洞泊を冷静に判断し、その後無事に保護されたのはよかった。

https://www.nadare.jp/magazines/12

で、この記事の中に「後知恵バイアス」という聞き慣れない言葉が出てきた。調べてみると結果を知った後にその結果がさも予測可能であったかのように認知してしまうことを指すようで、ウィキペディアにも項目立てしてあった。この言葉、どの範囲でバイアスとするか結構難しいとは思うのだけれど、登山界隈のいわゆる死体蹴りを説明しうる概念だと思った。自分も時折、ニュースを見て、冷静に分析しようとしつつもこういうものの考え方をしていることがある。これでは、結果の情報がない状態で実際にその状況下に置かれたら、たぶん遭難する。

このバイアスを断ち切って、同じ状況下で自分ならどのように行動するか?ということを意識しておくのも、遭難への備えとしてきっと有効なんだろう。