純米一合冷やで

酒がうまい

ギッフェン財

この間仕事で調べ物をしているときにたまたまこの言葉を知った。私は経済畑とは全く無縁に生きてきたので知らなかったのだけれどミクロ経済学で使われる用語らしい。

ほんとうは正常財や劣等財、所得効果や代替効果の考えのもとで解説されるべき概念だけど、簡単に言ってしまえば「価格の増減と需要の増減が一致するもの」、あるいは「価格が安くなるほど需要が減り、価格が高くなるほど需要が増えるもの」である。

ふつう、物が安くなれば我々消費者の需要は増大するし、逆に高くなれば減少する。いわゆる需要曲線をイメージした時の形だ。ところがギッフェン財は、前述の通り、それとは逆の需要の反応を示す財(商品)らしい。直感的に考えてそんなものありえるのか?と疑問に思ったら、wikipediaに実例(と思しきもの)が載っていた。ただしこの条件は結構特殊そうだ。ゆえに実際のところは「ギッフェン財は理論上の存在」と考えるのが共通見解?のようだ。

ところが興味深いのは水産物においてギッフェン財とも思える反応を示す事例があること。マトウダイスケトウダラで確認されているらしい。別に他の分野でギッフェン財が存在するかどうか確かめたわけではないので、水産分野で特別多いとかどうとかはわからない。ただ、原因を考えてみると結構面白くて、ひとつにはギッフェン財の典型的な「代替財が限られていて需要がそちらに傾く」パターン。たとえば加工品の原料などは代わりに使える物が限られているから、これに当てはまる可能性がありそう。また、別の可能性としては「ロット数が揃わないと値段がつかない」という市場の事情を反映しているパターン。これは仲卸の固定コストが影響していて、例えば魚が1匹だけ取れてもスーパーで刺身パックにすることはできない。利益が出ないからである。だからある程度まとまった箱数が揃わないと市場では値段がつかず、結果的に数量が多いほど値段が高くなるように見える。

後者をギッフェン財と扱うのかどうかは私は専門ではないのでわからないけど、値段のつき方を考えてみるに我々の業界はちょっと特殊だなと改めて思った。