純米一合冷やで

酒がうまい

-15度を3シーズンシュラフで耐える

冬山を登ろうと思うととにかくお金がかかる。靴やら服やら登攀具やらを夏とは別に一式揃えないといけない。しかも私の場合は初っ端からアイスクライミングや冬季アルパインをやることになってしまったので、ダブルアックスなども買わねばならず、とにかく尋常ではないレベルの初期投資が必要だった。平凡な会社員にはなかなかつらいものがあって、1年目では残念ながら全部揃わなかったので、2年目になる今年もボチボチ装備を買い集めている。

さて、そのような状況でずっと後回しにしてきた装備のひとつがシュラフ(寝袋)である。いま唯一持っているシュラフはナンガのオーロラ450DX(山渓モデル)。760FPの450g、快適使用温度0度、限界使用温度-5度のごく一般的な3シーズンシュラフである。本来ならば5万以上する厳冬期用のシュラフを買うべきなのだが、ないものはない。で、仕方ないので去年の冬の幕営はこのシュラフで寝ていた。幸いなことに去年は記録的な暖冬だったので(1月の赤岳鉱泉ですら氷点下にならなかった)、しめしめと思いながらそれでワンシーズン快適に過ごした。

ところが今シーズンはどうか。再び赤岳鉱泉でテント泊をすることになったのだが、ちょうど強い寒気がやってくるという。しかも鉱泉ブログには-17度に冷え込みましたなんて書いてあって、明らかに去年と状況が違う。でも今年はすでに大型ザックにスコップ、ゾンデ、スノーシューまで買っていてお財布は瀕死。ないものはない…ので、結局今年も同じ3シーズンシュラフで突撃することにした。それがつい昨日まで行っていた山行のことで、今回は備忘録としてその状況を書き留めておこうと思う。

 

タイトルの-15度は実際に計ったわけではない(測ろうとしたが、時計の計測限界を超えてしまった)。ただ、強い寒気に放射冷却が重なったので、明け方にはそれくらいの温度になっていたのではないかと思う。4-5人用テントに2人が離れて寝ていたので他人の体温の影響もほぼない状況だった。

肝心のシュラフは、もちろんそのまま包まっただけでは凍え死んでしまうので、家にあるものを色々追加して赤岳鉱泉の夜に挑んだ。少々重くても安く済むことを重要視した。身につけていたものは以下の通り:

上半身:mont-bellジオライン長袖、長袖Tシャツ、PatagoniaR2フリース、mont-bellダウンベスト、ユニクロウルトラライトダウン

下半身:厚手靴下、mont-bellジオラインスパッツ、厚手トレッキングパンツ、レインウェア

エアマット:KLYMITイナーシャ・オゾン(夏山と兼用)

シュラフ・カバー:ナンガオーロラ450DX、イスカシュラフカバー、SOLエスケープヴィヴィの3枚重ね

ほか:下半身の下にロープ、ザックを敷いて冷気をシャットアウト。ハクキンカイロを首の後ろにセット。

この状態で凍らせてはいけないもの(水のボトル、ガス缶、電子機器など)と一緒にシュラフに入ったら正直ちょっとせまかったが、寝返りが打てないほどではなかった。最初は少しだけ寒く感じて、やっぱり無理かな?と思ったけど、なんだかんだ朝まで熟睡した。途中1、2回、つま先の冷えで起きただけだった。ビンボー、凍死を免れる。

 

さて、今回の装備の中で一番効果があったなと思ったのは首の後ろのハクキンカイロ。この一点を温めるだけでなんだか全身がポカポカしてくる上に、首や肩周りのダウンが暖められて、いつもなら感じる上半身の冷えがほとんどなかった。この技は次回からも採用しようと思う。

一方でこれは要らなかったかなと思うのはシュラフカバー。ヴィヴィの内側の結露対策にと思ったが、もともとオーロラ450DXは防水なので1泊程度なら帰ってきてから乾かせば良い。空気の層ができるわけでもないので、重さを考えるとカットして良さそう。

最後に、今回足りなかったと思うのはつま先の保温。ダウンシューズは同行者曰くシュラフ内でロフトが潰れてそんなに暖かくないらしいので、直接的な熱源になるハクキンカイロをもう1つ足用に追加するのはありかもしれない。

 

ということで、貧乏人はもうしばらく夏山装備でしぶとくやっていく。

 

f:id:kusahiki:20201221233324j:image

テント内でもちょっと油断したらこの通り